埼玉県立春日部東高等学校 野球部

Kasukabe Higashi High School Baseball-Club

ファーストへのヘッドスライディングについて

 テレビを観ていると、よく解説者がファーストへのヘッドスライディングは遅くなるから駆け抜けの方が速いと言っているのを聞きますが、本当にそうでしょうか?

 解説者の何人の方が実際にデータを持っているのでしょうか。多分今まで言われてきたことを言っているだけだと私は思っています。

 それでは、実際はどうでしょうか?

私は大学の卒論で大学生を使って駆け抜けとヘッドスライディングのタイムを計り、実際に比較してみました。

結論ははっきりとした差は出てきませんでした。それはスライディングがうまい選手は速いし、下手な選手は遅くなるのです。つまり、スライディングがうまければ駆け抜けより速いと言うこともできるということです。

 高校生の大会ではこのファーストへのヘッドスライディングが多く見受けられます。また、プロの選手が出場したWBCでは、プロの選手でありながら必死にファーストへヘッドスライディングをしていました。

 これは、理屈ではないのです。選手のセーフになりたい必死な気持ちの現れなのです。

その姿勢が観ている方たちの感動を生み、高校野球ファンを引きつけているのです。レベルの高い試合を観たいのならプロ野球があります。でもプロ野球にはない何かを求めてたくさんの方たちが観に来てくれています。

 それを大切にすべきだと思います。

 また、ファーストへのヘッドスライディングの利点は、審判の目からもセーフに見えやすいことや、チーム全体の指揮が高まることなども考えられます。

 ただ、ファーストへのヘッドスライディングは危険も伴いますから怪我をしない技術が必要です。

 このことからも、ファーストへのヘッドスライディングを慣習的に否定するのは正しくないと言えるのではないでしょうか。