埼玉県立春日部東高等学校 野球部

Kasukabe Higashi High School Baseball-Club

夏の大会に向けて

16日に組み合わせが決まり、夏の大会も間近に迫ってきました。
今年の大会は、秋も春も決勝戦が浦学・徳栄の2チームでしたから、夏もこの2チーム中心であることは間違いありません。

他のチームがどれだけこの2校に迫れるかが注目されるのかもしれません。春の戦い方を見てみると、優勝した徳栄は選抜で投げた五明君を温存し、今まであまり投げていなかった橋本君を軸に無理なく優勝を飾りました。

また、浦学も経験を積ませたかった南君を軸に、県準優勝だけでなく、関東まで制しました。
阿部君は十分計算がたつ投手であり、県大会・関東大会を通して計算がたつ投手をもう1枚育てることに成功したと言えます。
2チームとも攻撃力は頭一つ抜けていることを考えれば、投手力の充実は計算通りの進み方をしていると思われます。

この2チームだけでなく、県内には有力校がまだまだいっぱいあります。私たち公立高校はこの2チームを見る前に、見なくてはいけないチームがいくつもあります。
実際に組み合わせから、一回戦・二回戦は落とすわけにいかない試合になります。一回戦が幸手高校、そして二回戦が新座高校です。

勝ってシード上尾との戦いになります。ここが最初のヤマです。

上尾高校は春の地区予選で強豪本庄一に勝っており、また本校が0-5で負けた浦学とそんなに差のない戦いをしています。 何とか全力でこの壁を乗り越えたいと思います。

次の戦いを考えることは今の時点ではできません。勝ったら考えます。どちらにしても、選手が相手を恐れることなく勇気を持って、しかも冷静に戦ってもらいたいと思います。正直言って課題もまだまだたくさんあります。大会までに解消されるとは思えませんが、いまさら慌ててもしょうがないの覚悟を決めて戦います。

選手も見違えるように逞しくなってきました。グランドで力が発揮できることを期待して大会に臨みます。